· 

足湯(フットバス)

途中で注し湯をするので、ヤカンなどにその用意をしておきます。

大きめの洗面器などに、くるぶしが浸かるくらいお湯を入れます。

温度は、あっちっちとなるくらいに調整します。(※くれぐれもヤケドには注意してください。)

お湯がぬるくなってきたら、その都度注し湯します。

6~8分くらい浸かったら、1度出してふき取ります。

両足の赤みをくらべて、うすい方を更に2分浸けます。

 

冷えた体を温めるだけではなく、冷えによって生じた体の重心の偏りを整える効果があります。

寝冷えした起床時や風邪の引き始めにおすすめのセルフケアです。