· 

操体法

仙台の医師 橋本敬三(1897-1993)先生が、民間の療術を実践研究する中で創案された治療法です。

筋肉や骨格といった運動系の歪みの観察や、動作にともなう内部感覚(快・不快)にもとづいて治療をおこないます。

取り組みやすくかつ奥行があるので、体を動かすセルフケアとしてはまずおすすめしたい方法です。

 

基本的なやり方は、体を動かしやすい方向や心地よく感じる方向に動かし、体の力を瞬間的に抜く。そのまましばらく体に生じる感覚を味わうというものです。

動作を確認して調整をおこないリラックスをする、この一連の過程の中で体のバランスが整っていきます。

 

当院ではセルフケアとしては、代表的な基本型のいくつかを紹介することが多いです。

ご興味のある方は、施術の際にお気軽に質問してください。